2ちゃんねるブラウザ
Download About Tools Support Ask 2ch Blog Mail
       
■A Bone2について
●概要
●特徴
●スクリーンショット
 
 

 
 

monazilla.org (w


スキン標準化プロジェクト
■A Bone2の特徴
 A Bone2は、巨大掲示板サイト「2ちゃんねる」専用ブラウザです。

 その概要は、掲示板(スレッド一覧)もスレッドもタブで複数表示切り替え可能な、マルチタブ型となっています。
 スレッド表示部はIEコンポーネントを利用しているため、スレッドだけでなく一般のサイトも表示することも出来ます。
 スレッド内で他のサイトへのリンクが張られている場合など、ブラウザを使い分けることなく、シームレスにブラウズすることが出来るわけです。

 また、RSSリーダーお気に入り板など、専用ブラウザとしては独特の機能も豊富に用意されています。
 その豊富な機能の一部をご紹介します。
■スレッド管理
お気に入り
 フォルダによる多階層管理。
 登録されたスレッドの新着レスの有無を確認する更新チェック機能があります。
 登録はワンクリック・D&Dによる直感的な操作。
スレッド倉庫
 フォルダによる多階層管理。
 過去落ちし更新チェックの必要が無いスレッドを保管します。
 登録はワンクリック・D&Dによる直感的な操作。
既得スレッド
 取得済みスレッドの一覧表示。
■スレッド表示
アンカーポップアップ
 多段式に追従してポップアップ。
 同一IDの書き込みだけを抽出してポップアップ表示する機能もあります。
画像表示
 スレッド内に書かれた画像へのリンクは、サムネイル表示され、ポップアップ表示が可能です。
 また、スレッド内の画像をサムネイルで一覧表示させ、その全てを一度に保存する機能もあります。
自動更新(オートリロード)
 定期的に現在表示中のスレッドを更新し、新着レスがあればサウンドで知らせます。
その他
 抽出機能、スレッド毎に残せるスレッドメモ、任意のレス番号にマーク出来るしおり機能、選択語句をGoogleやWikipediaなどで検索するWeb検索など、多彩な機能を搭載してます。
■ユーザビリティ
導入・バージョンアップ
 インストーラー版を用意し、初心者でも安心してインストール。
 バージョンアップも自動で行う自動アップデート機能
ヘルプ
 丁寧なヘルプファイルを搭載。
 バージョンアップ時には、*マークがつくので新機能も見逃しません。
自動更新(オートリロード)
 定期的に現在表示中のスレッドを更新し、新着レスがあればサウンドで知らせます。
その他
 抽出機能、スレッド毎に残せるスレッドメモ、任意のレス番号にマーク出来るしおり機能、選択語句をGoogleやWikipediaなどで検索するWeb検索など、多彩な機能を搭載してます。
■カスタマイズ
ペインレイアウト
 掲示板ツリー、スレッド一覧、スレッド表示部に分かれた各ペイン(表示枠)は、自由にレイアウトを変更することが可能な他、独立したウィンドとすることも出来ます。
 詳しくはスクリーンショットをご覧下さい。
ツール
 スキンによるスレッド表示部のカスタマイズ。
 スプラッシュによる起動画像のカスタマイズ。
 AVI による通信アニメーションのカスタマイズ。
 詳しくはツールをご覧下さい。
細部
 ツールバーの表示位置。
 ツールバーへのボタンの登録/削除。
 マウスジェスチャとショートカットキー。
 その他細部に至るまで、細やかなカスタマイズと設定が可能です。
■あぼ〜ん機能
あぼ〜ん
不快なレスを「あぼ〜ん」に変えます。
弱あぼ〜ん
不快なレスをポップアップ確認可能な「あぼ〜ん」にします。
透明あぼ〜ん
不快なレスを消し去ります。
自動あぼ〜ん
NGワードを指定し、以後自動であぼ〜ん処理を行うようにします。
あぼ〜んクエリ
一括してあぼ〜ん処理を行います。
連鎖あぼ〜ん
あぼ〜んされたレスに対するレスもあぼ〜んします。
りあぼ〜ん
あぼ〜んを元に戻します。
■その他
通常サイトも表示可能
 普通のサイトも表示可能なため、別のブラウザを起動することなく、簡易タブブラウザとしてシームレスに掲示板から一般サイトへと切り替えられます。
RSSリーダー
 ブログの流行で一般化したRSS。
 ニュースサイトやブログのRSSを登録すれば、RSSリーダーとして各種サイトの更新をチェックし、新着記事を表示します。
お気に入り板
 200以上もある掲示板の中から、お気に入りの掲示板を登録し整理出来ます。
 順番に巡回していく手動巡回機能や、新着レスのあるスレッドの掲示板を一括して開く自動巡回機能があります。
■ご注意
 本プログラムはフリーウェアです。
 全ての人が本プログラムを無料で使用する事が出来ますが、その際に何らかの問題が発生したとしても、作者である委員長は責任を負いかねますので、各自の責任においてご利用下さい。

Copyright(C)2001-2011 委員長